必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ダメな時はダメ!

昨日惰眠を貪ると書き、その通り何のトレードもしませんでしたが、もし売買していれば、間違いなく大損でしていましたから、休んだのは大正解でした。(笑)
まあ昨日下げた原因は中国の貿易統計や日経ブル2倍投信の仕組み債の影響など色々言われていますが、どちらかと言えば、9月のメジャーSQに絡む動きや仕組み債の影響のほうが強いと思っています。
もっとも影響の方向性が分かれば、その方向に張れば良いだけなのですが、正直全く分からない状態で、トレードしようがありません。
さてそんな中、昨日のNY市場は390ドル高と反発して帰って来ましたから、今日の東京は堅調に始まりそうですが、底を打ったか否かの判断はまだ出来ません。


しかも下げ過程で、個人投資家の信用残が増えていますから、現状では相場は戻り売りの域を出ていません。
またここまでの日本株の過剰な下げを総括して言えば「更なる円安期待の消滅が原因」だと思っているだけに、今後円高が進めば、もう一段売り込まれることが否定できません。
まあ簡単に言えば「サッパリ分からん」が続いている訳で、今日の戻りで信用を外した後はノンビリ見守るのが正解でしょう。(^O^)

2 Comments

石川臨太郎

 えらく上げてしまいましたが、予定していた銘柄を売り、自分が信じられる銘柄にシフトしました。
 しかしSQに向けて、どのように動いていくのか、まったくわかりません。
 分散より、自分が信じられる銘柄に玉集めをしている感じですが、間違えると怖いです。
 配当優待利回りの高い大和証券グループ本社を買いすぎて含み損をゴッソリ作っていましたが、少し戻してちょっと一息つけました。
 しかし大和証券グループ本社のほかにオリックスとトラストなど金融株に泣かされました。まったくあきらめていませんが。あきらめが悪いので(苦笑)

返信する
heikurou

石川さん
やはり悪人顔の経営者は避けた方が良いみたいです。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です