必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

踏み上げかな?

昨日の東京市場は軟調に終わりましたが、大引け後も上海総合が下げ続け、結局6.15%安と再び大幅に下落しました。
まあ再び下げるのは多数が予想していましたから、ショックと言うほどではなく「またか!(ー_ー)!!」と言うのが適当でしょう。(笑)
また国内では此れまで平九郎の天井観測をものともせず、頑強な動きをしていたインバウンド株は流石に乱調が目立ち「波高きは天底の兆し」を思い起こさせます。
さてそんな中、新高値を付けて来たのは地方銀行最大手の横浜銀行で、ラップ口座の販売を始めたことからメモでもおなじみですが、実は販売手数料のないラップ販売増加は、短期的には販売時の手数料が無い分、収益にマイナスに働きます。
同社は第一四半期の期間中、ラップを200億近く売っていましたから、販売手数料のマイナス要因を抱えながら、最高益を叩きだしているところが評価されたのでしょう。


しかもチャートは揉みあい離れの上、信用の取り組みは0.13台と空売りが多く、信用買いが少ないので買っているのは機関投資家で、昨日は逆日歩が付く状態です。
まあ上海株の下落で同社の業績にさほど影響が出るとも思えないだけに、今日は薄商いのなかで弱くなったところを買い、売り方の踏み上げを狙うのは面白そうです。(^O^)/
返り討ちに合うなよ!(ー_ー)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です