必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

予想を遥かに上回る?

NY市場が241ドル高と久しぶりに大きく反発しましたが、盆の入りが近づき市場参加者も多くが休暇に入ったであろう日本の今日は、川内原発の再稼働が予想されています。
反対運動あるでしょうが、原発敷地内は機関銃を持った警官が警備している中、忍び込んで妨害する訳にもいかないでしょうから、やはり稼働するでしょう。
さて原発が再稼働すれば、エネルギーの貿易収支の改善を通じて、日本の経常収支にも影響を及ぼしますから、円高要因です。
しかも川内の再稼働後もあと4機程度は連続して再稼働出来そうだと聞きますから、海外から見れば「日本原発続々と再稼働」となるわけで、世界の投資家の意識に与える影響はやはり大きいでしょう。


またイラン国交回復で、市場に出回る過剰原油がさらに増える事により、原油安は加速している感さえ出ており、米シェール企業の破綻も続きそうです。
その上中国でもハイイールド社債が5年の償還期限を迎えて始め破綻が増えそうだと言われており、原因は株安と思われますが、そうでなくても中国景気は減速中ですから、事業そのものも上手く言っていないのしょう。
米雇用統計が3ヶ月連続して改善傾向を示しているから、FRBは9月に利上げする等とアナリストは言いますが、雇用統計は「遅行指数だから良いだけ」としか思えません。
もし米利上げが無くなり、日本の経常収支改善が世界の投資家の目に見えるようなら、大幅円高・株安シナリオが動く可能性はあります。
しかし保有中のデジタルガレージ等は、今週末の決算発表で、四季報予想を遥かに上回る来季通しを出してくると考えているので、今は見守るしかありません。
根拠は保有するカカクコム20%の持ち分利益と、先日上場したアイリッジの想定利益を足し合わせ、イーコンテクスト併合効果を加えると簡単に四季報の今期予想を上回るからです。(^O^)
結局やることが無く、暇なのね!(ー_ー)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です