必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

コシヒカリかい!

最近急落したGOLDを横目に購入していた商品先物会社の岡藤商事が、理由もなく1日で280円まで急騰したので、ほぼ全株を一旦売却してしまいました。
しかしながら、商品先物会社はGOLD代替としてだけでなく、近いと思われる総合取引所関連としても保有していたので、代替の代替えとして、売却した資金でフジトミと豊商事を分散して買いました。(笑)
商品先物取引会社は「絶滅危惧種」だけあって、どちらも一長一短ですが、以前買っていた第一商品は財務が悪化して来ており、減配リスクが極大になっていて危険な状態です。
また、往年最大手であった小林洋行は既に先物はやっておらず、しかも同社の子会社であるフジトミで代替できますし、親子2重上場となっている為、従業7人の小林洋行は親会社とは言え上場廃止の可能性もあります。


結局残るのが上記2社しかなく、また双方とも、FXや、クリック株365等を始めることで、「顧客の要請が無ければ商品先物は勧めてはいけない」という不招請勧誘(ふしょうせいかんゆう)の禁止に風穴を開けつつあります。
これはFXや、株先物には不招請勧誘禁止はなく、同経験者には商品先物を進めても良い為ですが、此れまで商品先物業界は同条項からして顧客獲得が不可能だった事を考えれば、大進歩です。
しかもオンラインで商品先物が可能なのは、上場企業ではフジトミしかありませんし、サイトの出来も良く、営業収益も回復してきています。
(岡藤HDは子会社の岡藤商事で取り引き可能だがシステムは出来が良くない)
また株主優待として1000株保有者には魚沼産コシヒカリ5Kg進呈と言うのも考慮に入れました。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です