必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

依然不安定

大荒れの上海総合も昨日の終わりでは値を戻し、それを受けたNYダウ平均も189ドル高と、今日は東京も久しぶりに明るい相場となりそうです。(^O^)
しかしながら、中国株の信用残は未だに35兆円程度はあると言われており、日本と比較すれば、まだ30兆円程度の減少が必要です。
その上、原油安の長期化が定着するに連れ、米シェール企業の資金繰り悪化が続き、ハイイールドボンドに、ジャンク債の呼び名が復活しそうな状況は変わりません。
シェール会社は赤字でも操業を続ければ、金利は支払えるため、未だ従業員全員解雇とはなっていないようですが、それも限界があります。
また現在のドル円相場は「米経済回復⇒年内利上げ」を大前提としたものですが、原油安から来るシェール企業の倒産により赤字操業が止まれば、利上げの前提である雇用の回復は吹き飛びそうです。


利上げ延期で、世界株高だ~♪\(^o^)/
と行きたいとこですが、ここでの円安は日・米の金融政策の方向性の違いが最大材料だった為、米国の利上げ延期はどう見ても強烈な円高を引き起こします。 (笑)
そして、円高で日本株が売られた場合、防衛軍たるファンドラップ連合軍はまだ体制が整っていませんから、一旦は大きく押しこまれる可能性が否定できません。
従ってPERが低い等の理由で輸出株を信用でナンピンするなどは極めて危険で、戻りは確実に外しておくべきと考えます。(^O^)
PS.今日は三井住友トラストの第一四半期決算が発表されます。
↑申し訳ありません。日付を1日間違えていました。今日はNTTDIで三井住友トラストの決算は30日、明日です。 _| ̄|○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です