必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

後悔すべからず! 収益構造大変化を買う!

かなりの確率で上がると思っている三井住友トラストですが、やはり弱点もあります。
経営者の顔が悪い等と言うのではなく、個人の投資対象としては収益への理解が難し過ぎるのです。(笑)
投信の信託報酬は通常全体の約1%~1.5%程度であり、通常その内、保管を担当する信託銀行に入るのは0.05%程度で、残りは販売会社と、運用会社で山分け状態でした。
しかし、自社で販売、運用、保管を出来る信託銀行が売れば、全て丸取りで、収益は格段に良くなりますら、狙いは「収益構造の大変化」と言えるでしょう。
しかも今回横浜銀行と提携して運用会社を建ち上げたと言うことは、出資比率に応じて、運用報酬も入りますし、同商品を他の地方金融機関にも広げる方向です。
財務省がトップを握る横浜銀行の商品なら地方金融機関は「その後に問題が起きても解決法は横浜銀行が示してくれる」と安心して売れるのです。


その上、最近の日経報道や四季報新年号の記述を見れば、三井住友トラストが郵政グループの株を預かるのは確定的ですし、他社が有料のATM手数料が同社だけ無料なのはシステムが繋がっていることを示しています。
従って、ブラックロックや、これ等をよく承知している機関投資家はジワジワと買ってくるでしょうが、信託報酬など考えたこともないイナゴ投資家にはチンプンカンプンでしょうから、急速な人気化は期待しにくいのです。(笑)
また先日来の日経報道は事実に基づいていると判断していますが、情報と言うのは洩れれば、変化するのものだけに、勝負は下駄を履くまで分かりません。
しかしながらアホな平九郎は自分で書いたメモに踊らされて、既にGO! GO!GO!しちゃいました。(爆)
平九郎の頭は大変シンプルで、後悔するか否か、が全ての判断基準で、今回はGO!GO! GO!の方が、例え失敗しても、より後悔が少ないと判断しました。(^O^)/
なるほど、老い先短いからね!(ー_ー)!!

5 Comments

ぴのこ

じゃ、私もトラストに参加します 笑
実は私はチャートの美しさに惚れて
3753に入れ込んでいます。
なんか、今日のさんまのほんまでっかTVの
ダイジェストで「ホストに1000万」とかあったけど
私は3753につぎ込み過ぎました・・・汗

返信する
ぴのこ

実は私が3753を集めだしたら
レモス子さんが、推奨出したみたいで舞い上がってたら
ダメでした・・・私のチャートの見方はやっぱりダメかなぁ
(途中で送信したので、何度も書いて申し訳ないです)

返信する
WarCow

15:30に開示情報が出てますね。ゆうちょ銀行、野村、日本郵便と新会社設立し、来年2月から投資商品販売開始だそうで。^_^

返信する
heikurou

ぴのこさん
チャートに関しては、以前FUJIYAMAの講師をお願いした林則行氏の説が一番しっくりきますね。
曰く、「長期持ち合い離れの新値を買え!」です。
新値を付けるには新値を付ける理由があるからで、「会社の大変化を買え」とと言うことで、今回の三井住友トラストも同氏の説に従っています。(^O^)
平九郎

返信する
heikurou

WarCowさん
情報ありがとうございます。
今朝の日経にも出ていますしたが、扱いは事前報道が有った為か小さいです。(笑)
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です