必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ダブルサプライズ!

中国市場の更なる暴落を懸念していたところ、流石に中国当局もこれ以上の下落は社会不安を興すことに思いが至ったか、総額2.4兆円の資金をETF買いに投入すると発表し、今日は反発が予想されます。

まあ表向きは証券会社の買いですが、国営が大部分だけに、当局の意向であることは間違いありません。
しかしながら、ギリシャの国民投票はEUの緊縮プランに「賛成」は大多数投資家の読みだっただけに、「大差での否決」はサプライズの下落要因です。

これを受けて、本日の日本市況は売り先行で始まることは間違いなく、問題は売りがどこまで続くかですが、一旦売り込んだ後はさほど心配していません。


むしろ、バブルを引き起こした中国のように無茶に信用を膨らまさずに、秩序ある上昇を継続するためには、好材料と判断しています。
ただし外国人投資家の警戒感の増加と円高で、ここまで買って来た輸出関連株などは今回の事態を切っ掛けに売り物が増えそうで、下落が止まった後の日本市場は内需中心にシフトするものと考えます。
さて今日は、中国の株価維持策発表とギリシャ問題の複雑化という2つの要因が最初にマーケットが開く東京市場がどのように消化していくのか世界中が見守っていますが、自分は多分買いから入ります。(笑)
終ってから、キャヒン・キャヒンと鳴いていない事を信じて!(^O^)

2 Comments

ぴのこ

先週の金曜に大阪心斎橋の激安ドラッグストアにいったら、珍しくレジの大行列がなくすんなり買えました
(大阪は郊外より心斎橋のほうがドラッグストアの価格が安いのです@一昔前。いまは中国人向け値段になりましたがこのストアだけ値段を上げていないのです)
それでレジの薬剤師さんに「中国人、減った?」と聞いたら「言われてみれば・・・何かありました?」と聞かれました。薬剤師さんは上海暴落を知らなかったそうです。
まだ中国人客の減少は目立っていませんが、買い物を控えている印象です。
ちなみに私のインバウンド銘柄はロイヤルホテルなんです 笑
でも、しばらく上がるんですねぇ

返信する
heikurou

ぴのこさん
中国はやはり、終わってますね。
今後対策が続いても、観光客の激減は避けられないでしょう。
もっとも、箱根は中国株とは関係なく、観光客が減りそうです。 _| ̄|○
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です