必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

号外:インバウンド株注意報

案の定と言おうか、本日2時頃まで堅調だった上海総合は大引けでは5.23%安と一昨日の上げをほぼすべて打ち消す下げとなり、もし2日に6月30日安値3947.88を下抜けるようなら大崩れとなりそうです。
ただ中国が巨大経済圏を持つと言っても、今回のバブル崩壊は個人中心で、日本の経済界に直接的影響があるとは思えません。
しかしながら先週末、友人と箱根に遊びに行った時、余りの中国人の多さに、「今日本に来ている中国人の80%は株の利益で来ている!」と言うと、賛同されました。(笑)
むろん数字は適当ですが、さほど間違っているとも思いませんで、来日中国人の日本製品「爆買い!」の原資は株の儲けでしょう。


そして、上海株が下げれば原資どころか元金まで吹っ飛ばした中国人が激増する訳ですから、日本旅行どころではありません。
中国の信用買い残は上海・深浅を合わせて最低でも45兆円以上で、10倍信用など違法融資も多いと言われていますから、一旦投げに向かえば破壊力は絶大で、しかも株価対策の利下げが行われた直後の下げです。
(日本の信用買い残6/19現在3兆2千億円・不動産バブル時のピーク推定20兆円)
もし2日上海株が下値を切って来ると、それでなくとも、大涌谷の蒸気爆発騒ぎで客足が遠のきそうな、箱根の山は閑古鳥が鳴きそうです。
以上を確かめる為、今月末も箱根神社で定点観測をする予定です。(^O^)
水蒸気爆発で月まで跳びなさい!(ー_ー)!!

3 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。
ぼくの中国人の知り合いの親は、タクシー会社?(2台だけ)の社長さんらしいですが、昔は家具屋さんの社長だったらしいです。家具屋を売らないといけなかったのは、麻雀だったそうです。共産党なのに?と思いましたが、賭け事みんな大好きらしいです。それと、みんなに乗り遅れまいという心理が強いそうです。土地長者がゴロゴロいますから。逆資産効果が、かなりのものになりそうですね。

返信する
PBY元気小僧

政府も、あわくって、あせってきたという印象の利下げの仕方です(もう4回目)。こやつらは、量的緩和なしで、為替を、動かせます。いままでも好き放題に動かしてきました。きっと、一方的な元の切り下げも用意してると思います。まきぞえで、大混乱も、頭の片隅に置いとこうと思ってます。

返信する
heikurou

元気小僧さん
元の切り下げは頭にありませんでした。(笑)
その昔の日本の不動産バブル時も、土地長者の株式投資熱は凄いものでした。
元があぶく銭だっただけにバブルに乗り易かったのでしようが、結局元金までなくし借金を作った人が多かったですね。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です