必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

押し目買いは・・・

週末のNY市場が115ドル安となり、今週は5日に米5月雇用統計の発表もあることから、今日は利食い売りに押され東京市場の連騰も11で止まりそうです。
また昨日も書いたように中国の信用バブルは崩壊しそうなのですが、中国バブルが崩壊しただけでは東京市場が大きく下げるとも思えません。
まあ影響は避けられないでしょうが、今回のバブルは、個人投資家の金融バブルすから、日本のライブドアショックの時に似ており、影響も同じくらいと考えています。
もし本格的な下げが来るなら、それはやはり、米雇用統計などの指数が大きく悪化して、米国の利上げが不可能と見られることで為替の巻き戻しが起き、大きく円高になる時だと思っています。
この場合、此処まで円安を材料に買われた輸出関連株を中心に大きく売られますから、日経225など輸出株比率の高い指数への影響も大きいでしょう。


最も相場全体としては銘柄を替えた相場は続き、その時初めて自分の持ち株の出番が来ると考えている訳ですが、まあこれは「我田引水」と言うものでしょう。(笑)
救いは中国と違い、日本の個人は信用枠に余裕がありますし、また下げを喜ぶ待機資金も増え続けていることです。
従って大きく下げれば、公的資金に加え、これ等の資金が買ってくる為、皆が強気の訳ですが、下げたところを買っても、その後上値を買ってくれる主体が居なければ儲かりません。
中国では車の在庫が増えていますし、最新の4kテレビは早くも大きく値崩れしていると言います。
やはり押し目を狙うのは輸出関連株ではないと思っています。(^O^)

2 Comments

石川臨太郎

パイプドビッツに参戦し、デジタル・ガレージを買い増しました。ありがとうございました。
 システナはGMOペパボの『営業利益ゼロ、経常利益ゼロ、純利益ゼロ』の業績予想の後の株価3倍への暴騰のデジャブ感から買いをスタートしました。
 ペパボが50%上げた時に元本をすべて回収したのですが、その資金で買った三社電機製作所も大きく上がりました。
 今日はペパボから完全に勝ち逃げして、システナ、パイプドビッツ、デジタル・ガレージなどを買いました。
 企業の儲けの仕組みを理解するのは、本当に大事ですね。ありがとうございました<〇>

返信する
heikurou

石川様
申し訳ありませんが、自分で調べた株以外はまるで無知で御座いまして、ご教授の銘柄はまるで知りません。(笑)
現在は手いっぱいですし、他の銘柄に移る意志もないので、石川さんの勝ち逃げが続くのを祈るばかりです。(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です