必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

中国株暴落注意

既に報道はされていますが、香港市場で一部銘柄に暴落が発生しています。
漢能薄膜という太陽光発電関連の銘柄と、関連する金融グループのようですが、理由が分からないうちに1日で50%の暴落と、結果上記1銘柄で1兆6000億円が1日で失われたといいますから、かなりヤバイ感じです。
なにがヤバイと言えば、時価総額比3.5%、日本円換算38兆円と言う中国の信用残高は、クシャミをしても破裂する風船だからです。(笑)
以前のライブドアショック時を思い出すのですが、ライブドアに検察が入る映像がテレビで流されても暫くは、相場は堅調でした。


自分でも結構警戒はしていたのですが、検察が入っても平均株価が売られないのを見て安心しての自分の投資銘柄の保有を続けていた所、ワンテンポずれて、翌日暴落が始まりました。
理由は一部証券が、ライブドア関連の担保掛け目をゼロにしたことが発端で暴落が始まったのですが、このときの日本の信用買い残は5兆9000億程度で中国の6分の1、GDP比較では1.2%程度です。
比べて現在の中国信用買い残38兆円は、GDP比3.5%で同比率を見ても日本の暴落前と比べて3分の1以下なのです。
中国の信用残は余りに・滅茶苦茶に・徹頭徹尾多すぎるのです。(>_<) 証券会社は株式会社ですから、担保不足による損を回避する責任があり、それは日本でも中国でも一緒でしょう。 今回の事件で中国の証券会社が日本のライブドア時と同じように、担保掛け目を引き下げる行動を取る可能性は高いです。 38兆円の信用残はまるで恐竜ですから、恐竜が暴れ出した時の逃げ道を考えておく必要があります。(^O^) PS.元気小僧さんの見解をお聞きしたいです。(^O^)/

2 Comments

あんたのブログは当たらないしエーザイではめ込まれました
そういうブログだろ

返信する
heikurou

Wさん
ええ当ご指摘のようにあたりませんで、エーザイは空売りして大損しました。(笑)
悔しくて今度はグリコを思いっきり空売りしていますから、反対に買えば儲かるかもしれません。
爆落すると思って空売りすると何時も急騰します。
自分でも不思議です。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です