必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

MSCIジャパン最少分散指数 組み入れ銘柄変更 注意!

今日は日曜日ですが、最近機関投資家の間で大流行のスマートベータ運用の元指数「MSCIジャパン最少分散指数」の一覧を昨日からネットで探したのところ、指数そのものが「有料コンテンツ」のようで、見つかりませんでした。
仕方がないので、新聞その他で見つけた同指数組み入れ上位銘柄を集めてみましたが、これらの銘柄のうち指数から除外されるものや、組み入れ率が大幅に引き下げられるものは、当然爆落する可能性があります。(組み入れ銘柄の元データ未確認注意)
以下
山崎パン(2212)カルビー(2229)旭化成(3407)エーザイ(4523)電通(4324)明治HD(2269)楽天(4755)オリエンタルランド(4661)武田薬品(4502)
京セラ(6971))トヨタ(7203)シマノ(7309)ドンキホーテ(7532)HOYA(7741)ANA(9202)京急電鉄(9006)小田急電鉄(9007)京王電鉄(9008)京成電車(9009))西日本鉄道(9021)NTT(9432)NTTドコモ(9437)等
以上


注意すべきは指数への組み入れ率が高く、時価総額が比較的小さい銘柄で、ここ半年で急上昇した銘柄です。
下馬評では危険な銘柄としてエーザイや、オリエンタルランド、山崎パンなどが多く挙げられていますが、その他の銘柄も最近急上昇したのなら、疑ってみる必要があります。
なぜなら、MSCI最少分散指数というのは、平均株価が1%上下した時、0.5%しか上下しないような銘柄群(ベータ最少)の集まりとして作られるからで、過去半年で平均を大幅に上回る上昇を見せた銘柄は、既に条件から外れているからです。
指数採用銘柄が指数から除外されたり、構成比率を大幅に引き下げられれば、ほぼ確実に強烈な下げが待っています。
同指数の構成銘柄変更の発表は日本時間19日朝だと言いますから、月曜日に上記の銘柄を「押し目買い」等と言って買えば・・・・
たぶん地獄を見ます。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です