必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ヨソウハウソヨ!

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
昨日の東京市場は1400円はおろか、中国の追加金融緩和に助けられ18円しか下げずに、しかもその後のNY市場は208ドル高で終了しました。 _| ̄|○
しかも保有主力株は日経平均より下がりましたから平九郎のダメージは倍返しで、やはり過去の事実が繰り返されることはあっても、まったく同じとはいきません。 _| ̄|○
ただブラックマンデーの時は米国は1日で22%下げ、それがその後の日本の不動産バブルの呼び水になったのですが、当時は利上げ観測の中、FRB議長がポール・ボルカーからグリーンスパンに変わった時で、今回のイエレンさんも2月に変わったばかりで、状況が良く似ているのです。


また2000年時の安値が5月26日だったのは、確認は取れませんがヘッジファンドの決算とMSCI指数銘柄入れ替えの売りが重なった為と思われ、これも今回とよく似ています。
しかも市場は円安継続に疑いを持ち始めており、増益決算への反応も鈍くなってきています。
結論としては、日経平均が調整局面にあるのは間違いなく、そして調整は5月終盤まで続き、銘柄の方向性は変わると考えます。
次の主役は地銀、信託を巻き込んだ金融株でしょうが、今回の銀行株の利益の源泉は、平九郎の嫌いな投信にあるので銀行はあまり気が進みません。
一方輸出株や、食品・薬品株の押し目狙いは極めて危険なのは変わりません。
従って押し目を狙うなら、やはり嫌いでも銀行か証券株、または情報通信関連株ですね。(^○^)

5 Comments

ぴのこ

でも、平九郎さんの予想は遅れて当たりますよ
明日がヤバい日になりそうな 笑
ジャパンシステム、平均400で取得し700で決済しました@3月
そのあとの押し目買いができなかったのが後悔
イントラマートは社長が商売人の顔じゃなさすぎです。

返信する
heikurou

ぴのこさん
慰めてくれてありがとうございます。<m(__)m>
イントラマートの社長の顔に付いては同意見です。(笑)
まあ2年ほどは保有する積りですが、現在のような強烈な追い風が吹いていれば、2年もあれば10倍くらいにはなると思っているので、上がったら売ります。(^O^)
平九郎

返信する
heikurou

追伸
イントラマートは上記を書いた引け後、投資有価証券の減損で大幅減益、無配を発表しました。
やはり、アノ顔はダメ顔ですね。 _| ̄|○
ただし、売り上げ、営業利益は予想通りなので、保有は続けます。
平九郎

返信する
ぴのこ

教えていただき、ありがとうございます
私も保有しているから、致命傷になりそうです

返信する
heikurou

ぴのこさん
致命傷にはならないでしょう。(笑)
業績の回復期に特別損を落とすのは良くある話です。
判断は決算発表と、来季予想を見てからで、十分だと思いますよ。
もっとも明日は売られることは間違いありませんが、落ち着いたら買い場を探すのが正解だと思っています。
(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です