必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日経平均16,000円は怪しい予想?

休み中、友人に4月8日のメモの題名に付いてダメ出しされてしまいました。(TT)
内容は同日メモの本文の内容と、「ちゃんちゃら可笑し・ちゃら可笑し!」の表題の関連性がなく、意味不明と言う主張でした。
早速読み直してみると、確かに本文と表題との関連性は無いようにしか見えませんから、友人の指摘は最もなものです。
そこで解説を入れれば、この時点で平九郎が「ちゃんちゃら可笑し、ちゃら可笑し」と叫んでいるのは、4月8日時点で新高値を取ってきた日経平均株価の事です。
なぜ、「可笑し」と書いたかは、既に天井を付けていると平九郎が判断していた平均株価が予想を裏切り、高値を更新したことで、「投信に操られたゾンビ株価がふざけるな!ちゃんちゃら可笑しいわい!」とい意味で使ったのです。(^O^)
ただ見直して反省したのですが、最近どうも書いた内容が外れる恐さに、メモが「軟弱かつ意味不明」になっている事で、これではまるで、サラリーマンアナリストみたいです。(笑)


そこで、今日は思うことをストレートに書くことにしました。
結構大胆な予測ですが、自分が思っている以上仕方が有りません。(笑)
またこれは、時間軸を明確にする必要がありますが、書いたのは4月19日、日曜日の夜20時34分です。(^_^)
現状の予測
明日2015年4月20日月曜日の日経平均の下げ幅は1400円
今回の日経平均株価の最終下げ限度は16000円
同到達日は5月26日
物凄く胡散臭いですが、現状では上記に近い数字が出ることを予想しています。(笑)
平九郎
当たっても、外れてもメモは続けますので、続編は面白くなりますよ。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です