必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お礼申し上げます。

週末発表された米雇用統計の弱さから今日の東京市場は売り物に押されそうですが、現状では押し目待ちの投資家も多く、平均株価がさほど深押しするとも思えません。
しかしながら、先日書いたようにMSCIの指数銘柄の大幅変更を5月末に控えるとなれば、先取りする動きは必ず出て来ますから、それらは今週から始まるでしょう。
従って、今回の押し目は銘柄入れ替えを考えるには良いチャンスと思えますし、実際今週から物色銘柄に変化が出てくると思っています。(^O^)
メモ的に言えば、今週一番期待値が高いのがパイプドビッツで、理由は選先週行われたアナリスト向け決算説明会のレポートが出来上がる頃で、個人向けにもビデオがホームページにアップされたからです。


四季報予想に比べて、発表された数字が予想に届かなかったのは、飽く迄昨年採用して研修中の新人を多数抱えた事が最大原因ですし、同社は来季(17期)に向けて力を集中しようとしています。^^
また今秋から始まるマイナンバー関連では需要を捌ききれない状態でもあるようで、選挙関連銘柄でもあることから、市場タイミング的にもタイムリーと考えています。
なお以上のメモは今回のFUJIYAMAで手渡しで頂いた、同社説明会にアナリストとして出席し、貴重な分析コメントも合わせて頂いた、A氏の資料を参考に致しました。
A氏には深く感謝して、お礼申し上げます。

2 Comments

決算説明会

貴重なwebの画面を使って謝意を表して頂き恐縮です。また、FUJIYAMAではいろいろな視点からの分析につきご教示頂いている事、合わせて御礼申し上げます。

返信する
heikurou

Aさん
此方こそ、お蔭で同社株に対する理解が深まり、保有継続の意思を強くしております。
ただこれでAさんのハンドルネームが「決算説明会」さんになった可能性を危惧しています。(笑)
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です