必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

天井は投信が付ける

0.207%(税引後)
上記は今日日経に出ていた、イモトアヤコさんがイメージキャラクターを務める第60回変動金利型10年国債の金利です。
ちなみに5年固定と3年固定は何故か同じ利回りで
0.0039%(税引後)でした。(^O^)
改めて見直してみて分かるのが、一番高い10年変動国債の金利ですら昨日書いた、投信解約時に引かれる「信託財産留保額」より低いのです。
そんな中で、販売時に3%以上もの手数料が貰え、しかも期間中毎年、国債金利の10倍近くをチューチュウ吸える信託報酬があるのですから、銀行が躍起になる訳です。(笑)


今度の決算では地方銀行の業績に大きな差が付くとすれば、それは投信販売によるものでしょうが、この格差は地方金融機関に新たな投信販売競争を引き起します。
いわゆる日本人独特の「他所がヤルならうちもヤレ」と言う奴ですが、これが高じるとバブルになります。(笑)
そして、株式投信の募集がピークに達し、一番遅いグループが買った時が相場の天井になるのです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です