必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

段段よくなる法華の太鼓

FRBイエレン議長の議会証言が無事 終わり、ギリシャの改革案も承認されたことから、NY市場は堅調で、東京は今日も上伸が期待されています。
最もギリシャの問題は4ヶ月先送りされたことで、逆にFRBの利上げ時期と重なる可能性が強くなりましたから、喜んでよいのかは分かりません。
しかしながらこれで、世界的株高が進む可能性は一段と増したわけで、日本にも大バブル相場の再来が期待されます。(^O^)
さてそんな中、中核銘柄である昨日パイプドビッツが急落してしまいましたが、特に悪材料もないため、買い増しを断行しましたが、反面デジタルガレージ(DG)はLINEとの提携話で堅調でした。


また今日の日経で銀行が電子商取引などに進出する場合、子会社の設立が認められるように金融庁が検討中だそうですが、DGは既に三井住友カードとも提携していますから、この面でも何れ材料がでそうです。
中核銘柄の中核がDGになっているだけに、期待は大きいのですが、会社の仕組み上初速は遅い株だとも認識しています。
ところで物事が次第に良くなるさまを表すとき【段段よくなる法華の太鼓】などと言いますが、これは
「だんだん良く成る」の「なる」に、法華宗の団扇(うちわ)太鼓が「鳴る」を掛けて続けた言葉遊び。
ですが、確かに地元では「どんつく」と呼ぶアレ、南無妙法蓮華経を一心に唱えるうちに、気が乗るのか次第に大きくなるのですよね!!(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です