必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

金はこれから2倍になる(林則行著)

昨日のNY市場は44ドル安だったにも拘わらずCME225は18,360円と堅調で、今日の東京も堅調な地合いが継続しそうです。
懸念のギリシャ問題も食傷気味なのかあまり材料視もされていませんで、市場は賃上げや農協改革が進み始めたのを好感しはじめたようです。
ただどうも今回はあまり強気になれませんで、現物株は保持してもマージンで買うのは控えて、FUJIYAMAでも講演した世界的ファンドマネージャー林則行氏の「金はこれから2倍になる」を読んでいます。(^O^)
直接的な理由はやはりギリシャで、今回はドイツがギリシャの緊縮策なしの支援要請を許容するとは思えないのです。
メモでも何度か紹介したことがある、「人は2つのカンジョウ(感情・勘定)で動く」という近江商人の言葉を借りれば、今回のドイツは感情が、損得勘定を上回るのです


従って、今回は現物株の保有を続けるだけで、レバレッジを効かせることはしておらず、当面このままの姿勢を継続します。
さて今日のモーニングサテライトで、欧州でギリシャを中心としたGOLD投資熱が高まっているとありました。
日本でも国営放送が「預金封鎖」に言及するようでは、GOLD現物を購入して金庫にしまい込む金持ちが増えそうです。
金持ちはカネモチと読みますが、キンモチ(GOLD持ち)とも読めるのです。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です