必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

実に美しい・・(^O^)

週明けの東京市場は海外株の堅調を受け、上伸してはじまりそうですが、どうも平均株価がそれほど上がるとは思えません。
材料的に見ると第2の鯨と言われる簡保マネーがありますが、それとて上値を追って駆って来るとも思えず、かといって積極的に売り込むほどの悪材料もありません。
したがって、今週は高値揉みあいと考えていますが、ギリシャ問題の悪化を材料に円高が進めば売り込まれる可能性が強くなりそうです。
さてそんな中週末デジタルガレージの半期決算がでました。
こちらも予想通りの決算ですが、良かったのは決算説明資料が充実し、会社の理解が進む可能性がでていることです。


実際読んでみると見やすく、分かりやすくなっており、Context Companyや、Lean global等意味不明だった言葉が、おぼろげにも理解できるようになります。(笑)
そして理解が進むと同社の仕組みが如何に先進かつ効率的かが分かり、美しさすら感じるようになってきましたから、是非一度は同資料をじっくり読むことをお勧めします。
さて目先的には今日会、明日あたりで日本通信にVAIO絡みの動きが出そうだと思っていますが、正直市場の反応が予測できません。
仕方がないので現状株数を維持したまま株価だけ追いかけるとします。(^O^)

2 Comments

mkb

一見良い決算のようですが、現時点ではカカクコムの売却益が半分以上を占めているので、実際には停滞しているイメージをもちました。

返信する
heikurou

mkbさん
返信が遅くなりました。<m(__)m>
現状ではまださほどの評価は難しそうですが、ペイメントや、マーケティング拡大の道筋は見えてきました。
また銀行が手数料欲しさに電子決算を推進し始めていますし、マーケティングも今期が一番膨らみますから、本決算も悪くはないでしょう。
特損が出る可能性が無くなったのも好感できます。
だいたいこの会社特別利益無しで現状の利益水準なら、株価は3倍くらいしているでしょう。(笑)
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です