必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

代替えGOLD 

昨日のNY市場は225ドル高と反発し、安心感が出たのか、逆にGOLDは30ドル余り下げました。
スカイマーク破綻の影響もあって、昨日下げた日本市場も今日は堅調を取り戻しそうですが、GOLDの買い場を探していた人にとっては、今回のGOLDの押し目の方が気になるかもしれません。
長年メモを書いていて、平九郎のGOLD好きはご存知の方が多いですが、実はGOLDが騰がるなら、より以上大きく上がるのが商品会社だとも思っています。
ただ以前買っていた第一商品は、財務の悪化が顕著なため、減配などのリスクが極めて大きく成って来たことから、最近では岡藤ホールディングに鞍替えしています。
また「商品先物取引」の勧誘規制が、今年6月から緩和されることもあります


岡藤は徹底したリストラの後だけに利益が出やすくなっており、しかも原油が暴落中の12月の原油先物の売り残玉が2000枚もありましたから、貴金属に続く次の主役に育つ可能性も出ています。
加えて同業他社と比較しても、四季報予想でPER5倍台、PBR0.55倍と最も割安でありながら、時価総額は24億程度と最小で、例え10倍になっても250億足らずです。(笑)
商品取引所のバカげた徹底抗戦で、一向に進展をみない総合取引所構想も何れは動き出すことから、GOLDの代りに買うなら、岡藤ホールディングですね。
ただし、数字が伸びるのはGOLDに動きがでた第4四半期でしょうから、決算に表れるのも本決算で、次にでる第3四半期は期待していません。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です