必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

イスラム国人質事件

イスラム国で2人の邦人が人質になり、236億円(200万ドル)を要求されるという事件が起きましたが、結論から言えば身代金は支払われないでしょうし、支払うべきでもありません。
日本は憲法上、米国のように他国に軍隊を派遣して救出作戦を行える訳でもありませんし、例え兵力を出すことが可能だったとしても米国でも出来なかった人質の救出が日本に出来るとも思えません。
従って、2名の人質は殺される可能性は極めて高いです。
しかし、もし身代金を払えば、それは地球に出来た癌細胞であるイスラム国を育成する行為であり、今後日本人が人質にされる可能性が飛躍的に高まり、他国は日本を信じず軽んずることになるでしょう。
「日本人は脅せばカネを出す!」と思われ、もっとも簡単にカネを得る方法は日本人を誘拐することだと世界中に教える事になるからです。


第一、今回200万ドルなどの法外な身代金を要求されたのは、「人命は地球より重い!」などと寝言を言った総理大臣が過去に居た為だと思っていますが、人間の命など地球より重いはずもないのです。
安倍首相はカネを出すべきでは有りませんし、出さないと思っています。
もしカネを出さないことで日本中の非難を浴びるなら、全力で応援したいと思います。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です