必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お年玉狙い

新年受け渡しになって、オヤッと思ったのがブロードリーフという会社で、上場以来業績が良いにも拘わらず「ヨコヨコ」の動きを続けて来たのですが新年受け渡しになったとたん、株価がピンと跳ねたのです。
株価は昨日43円高ですが、位置的にはあまり動いていないところで、しかも12月決算ですから、配当落ちも重なっています。
友人はNISAの新年度入りの買い付けが原因と見ましたが、どうもその他にもファンドの玉処分が年内で終わったのではないかと考えています。
同社は自動車のアフター市場のネットインフラを提供する会社ですが、唯一の比較会社とされるMonotaro(3064)とは大分違いますから、オンリーワンとも言えそうでしかも直近で自社株買いを行い、需給は改善されました。


東証1部上場で、財務内容もよく、成長性も高いですし、自動車のアフターマーケットは市場規模も新車市場の半分と言われるくらい大きいです。
また決算が12月だけに、直ぐ結果が出ますし、第3四半期までの進歩率が良いことから増額修正の可能性も高いです。
新年初めての銘柄としては、爆発力には欠けるかもしれませんが、結構儲かりそうな気がしており、まずは普通口座でお年玉を取りに行くとします。(笑)
あとパイプドビッツが昨日引け後に好決算を発表しており、今日の株価が注目されます。
パイプドビッツは第三四半期までに、一部上場費用と86名の新規採用にかかった一時的費用が合計5900万円発生していますから、これを修正すれば増益率は一段と跳ねあがります。
「こいつは春から縁起がいいや」といったところですね。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です