必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

担保不足売り注意!

昨日はOPECが改めて減産を否定したことから原油安が進行し、結果としての途上国の破綻を想起させたことが海外投資資金の引き上げを促し、結果NYダウ平均は99ドル安ながら、CMEの日経先物は16,710円と遥かに大きく下げてしまいました。
こうなると、今日の東京市場は大量の裁定解消売りを浴びるのは必定で、今更ながら武者先生の霊力に恐れ入る次第です。(ー_ー)!!
まあ銘柄は裁定解消売りの影響を受け難い銘柄ばかりを意識的に選んでいるのですが、こうなると影響を受けない訳には行きませんで、流石に今日は売られそうです。
ただ多少の混乱はあっても、日本経済にとって原油安は間違いなくプラスですから、裁定解消売り一巡後は個別物色が始まりそうです。


ただ一つ気になっているのは、原油が安くなりガソリン価格が下がると、米国人は大排気量・ハイパワーの車に乗りたがる傾向が強いことです。
燃費が良いことが売りの日本車の売り上げが落ちてくる可能性は高いため、タカタ問題を抱える自動車メーカーには今回の原油安は結構な逆風かも知れません。
さて今日は寄付きが最も安いとは思いますが、そろそろ担保不足の投げ売りも出て来ますから、十分注意して進むとしましょう。(^_^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。
体感温度で40~50ドルになると言われて、そんなに?と思ってましたが、急にきて現実味を帯びてきましたね。あらためてシェール革命の凄さを実感です。
香港市場で、石油探査 リグ シェール関連は政府の産出目標の変更やらで暴落してまして短期で株価は、四分の一とか五分の一になってます。
この現象は一時的でなく構造的なものなので、ロシアはじめ産油国の問題でやっかいですね。
アメリカが法律を変更して輸出国になるかもですね。アメリカシェールの後発組は損益分岐価格が高くやばいそうです。貸し付けてる地方銀行や、一時話題になったMLP(マスターリミテッドパートナーシップ)なんかは日本人もいるでしょうが、早くひきあげないとヤバイみたいです。逆張りの自分は原油安で儲かる精製するとこを狙ってたんですが、石油ETFに組み込まれてますので一緒に下がってて非常にむつかしいみたいです。事前に分かってて、日本航空を買わなかった自分は、あほでした。

返信する
heikurou

元気小僧さん
確かにジャンクボンド市場はヤバそうですね。
相場は暫く厳しそうですが、日本株は時間の問題と楽観視しています。
第一景気や、為替に影響を受ける株は最初から保有していません。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です