必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

神の御宣託?

昨日の東京市場はNY市場の波乱を受け続落しましたが、売り一巡後は、日本通信やパイプドビッツは続伸して終わり、その後のNYダウは63ドル高と堅調だったため、今日は戻りを試す相場になりそうです。
まあデジタルガレージ(DG)だけが続落してしまいましたが、出資株の弁護士ドットコムは平均株価の2日連続大幅安の中で、買い気配のまま値が付きませんでしたから、やはりDGには新興企業を見る目があるのでしょう。
また定期購読の為昨日午後配達されてきた、四季報新春号のDG業績予想内容は変化なしでしたが、カカクコムの売却分を反映させていないことは明記してあることから、今日のクラウドワークス上場を見てから、反映させるつもりでしょう。
ただし、カカクコムの買い入れ申し込み期間が12月18日まであることから、18日終了を持ってからの修正も考えられます。


あともう一つの銘柄「じげん」は既に電子情報で流された数字での増額修正はなされていますが、数字的には少し物足りないもので、今後は借り入れを興した50億円の残り資金30億の使い道が焦点になりそうです。
さて今日はこれからお出かけするので、短期売買はお休みですが、正直相場は微妙な局面です。
選挙で自民党が300議席を割り込むようだと週明けの相場の戻りは鈍いと思っており、また最近の原油安が米国シェールガス掘削業者の破綻の可能性と、米国株価に与える影響を考えています。
何と言っても今朝のモーサテで、予想を悉く外すことで有名な武者陵司さんが来年の日経平均25000円説をぶっていたのが気になります。(^O^)(笑)

2 Comments

SUZUME

こんにちは。
武者先生、モーサテでそんなことを仰ってたんですか。
困りますね・・・
今回は曲がらないことを祈ります。(笑)

返信する
heikurou

suzuneさん
NY市場は315ドル安ですから、時既に遅かりしのようです。
昔から当たり屋に付けと言いますが、その一方で曲り屋に向かえという格言があります。
その理由は当たり屋が当たるのは6-7割だが曲り屋は10割外すと言うものです。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です