必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

相場は無線専用線

「押し目待ちに押し目無し」の格言の様に、週末の日経平均は売られて始まったものの大引けでは結局33円高!(^O^)
その後のNY市場でも相場は堅調で今週も堅調な相場が予想されますが、大量の新規公開株に応募する動きが、個別物色の幅を狭めそうです。
さてそんな中、週末は主力株の一つである日本通信が急落してしまいましたが、これは日本通信社長の三田氏がツイートした「たくさんのニュウス」が一つしか出なかった失望感と楽天の格安スマホ参入報道が重なったからでしょう。
只何度も書いているように今回の日本通信の相場は、格安SIMではなく、「無線専用線
」(Private Wireless Leased Line)
です。


従って、今回は単なる押し目と判断していますが、三田社長には「たくさんのニュウス」を早く出して頂くことを希望します。(笑)
無線専用線の最大メリットはインターネットを使わないため、ハッカーやウイルスの被害を受けないと言うことですが、モバイルのビジネスユースが高まってきた現在、最も必要とされるものと考えます。
早くからセキュリテイに注目して理解できたのは、どれほど防御ソフトなどで防備を固めていても、インターネットに繋がっている以上ハッカーやウイルスを完全に防ぐことは出来ないと言うことです。
企業が無線専用線を使いだすのは早いと感じています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です