必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

退屈なので、小粒で遊ぶ?

アマゾンが99ドルタブレットを発表し、高級路線のアップルとは路線の違いを明らかにしてきましたが、人気はアップルでも、実際売れる台数の多いのは、中国メーカーを交えた安いタイプしょう。
実は昨日、ゼログラム産業に注目が集まると書きながらも、スマホの部品などは売れると思っていたのですが、数は出てもハードの価格競争は激化するのも間違いないでしょう。
だからこそ、価格競争のあまり無いゲームメーカーの株が人気になっているのでしょうが、どうも自分がゲームは自分が全くやらないがゆえに相場についていけません。(ー_ー)!!
故に、NTTデータイントラマートや、パイプドビッツのような、ミドルウエアと呼ばれるソフト会社に目が行くのですが、実はこれらは相場的にはまだ少し早いと思っています。


ただ、大きな流れからして、同部門が伸びるのは間違いないと思って投資している訳ですが、やはり長期を覚悟した投資は少し退屈です。(笑)
そこで、短期で面白そうな株を探してみると、スリープロが目につきました。
IT系の人材派遣会社ですが、前社長が子会社を使って私腹を肥やそうとしたところ社員のタレ込みで首になり、12年に急落した後2年ほど揉みあっていましたが、ここで動きが出始めました。(笑)
人手不足が叫ばれる昨今、IT系人材派遣会社は儲かり始めているようで、大幅増額修正が出されています。
社長が首になった会社からか、現在の時価総額は17億と実体に比較して小さく、決算が10月と、他社があまりない月だけにこの増益は目立ちます。
ただ正攻法で行くなら、丸紅の様な割安大型株の押し目買い待ちでしょうね。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です