必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

円高のほうが心地よい?

注目の米FOMC声明の結果が緩和的だったことから、NY市場は史上最高値を更新して終わり、今日の東京は堅調が見込めますが、そんな中で、起きたのがソニーの大幅減額修正です。
しかも為替が108円台を付ける円安の中での出来事だけに、日本の製造業の衰えが際立つことになりましたが、もう一つ注目すべきは、日本商工会議所会頭の「今より円高に向かう方が心地いいことは間違いない」発言です。
これは日本商工会議所が内需にたよる中小企業を中心とする団体だけに「円安に伴う、原材料高や、エネルギー価格の高騰を不安視」しているからです。
家電や車の海外生産が進んだ結果、日本はこれ以上の円安はマイナスの見方が広がって来ている訳で、これからは株式市場も円安を素直に喜べません。


ただ海外で稼いだ金額は、円高の頂点に比べれば、1ドルの稼ぎが75円から108円に増えたことに違いは無く、日本企業の海外進出は一層強化されそうです。
ここで海外で稼げる企業は、これまでの「加工貿易型企業」ではなくなったのは明らかで、今後はブランドや、サービスなどの商品に重さの無いゼログラム産業に焦点が当たると考えています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です