必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

下方修正対応

先週末四季報の秋号が出たのですが、11日に予約の配達が来たときに外出中だった為、結局読めたのは書店で買うより半日遅れの金曜日の昼過ぎになってしまいました。(TT)
もっとも四季報というのは競馬新聞と同じ予想誌だけあって、管理も甘いのでしょうか、未発表の内容でも事前に漏れている感があるので、さほど気にはしていません。
ただやはり、四季報予想と言うのは全国標準の予想となるため、少しでも早い方が予想の変化への対処も早くなるので、予約で半日早く読めるのは重宝していたのですが、忘れて外出しているようでは、意味が有りません。(笑)
さてその四季報の予想を読んでみると、、保有中のNTTデータイントラマートがシステムエンジニア部門の計画に遅延が発生しているのを主因として「四季報の今期予想」が大幅に下方修正されています。(TT)


もっとも主柱のパッケージジソフトは新規顧客向けに伸び、既存客の動向も順調とありますし、同社の売り上げは期末に集中する傾向があるので、売る気にはなれません。
第一下方修正されたのは飽く迄予想誌である四季報の予想であって、会社予想ではないことから、会社はまだ自社の予想数字の達成を諦めていない訳ですし、今年中にはNTTグループの光コラボレーション事業が始まりますから、巻き返しも十分期待できます。
まあ遅れを取り戻せれば、急伸しそうなので下がったら、買い増しを考えていますが、暫くはどこで落ち着くかを見ることにしました。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です