必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

人口爆発?

デング熱の感染者が増加して48人になりましたが、重症化した人間は居ないようで、今後増加しても10月にはウイルスを媒介する蚊が死滅して、収まりそうです。
もっとも、確率は低いようですが、越年する蚊の卵の中でもウイルスが生存することがあるそうですから、撲滅できるとは限りません。
まあ海外でデング熱にかかった人で、重症化した人は4%程度といいますから、他の病気と比べてもさほど怖い病気とも思えませんが、怖いのは感染者の増え方で、代々木公園のような人の集まる場所がウイルスに汚染されたことです。
まあ今回のデング熱は人から人へ直接うつることはないようですが、もし次のウイルスが空気感染するウイルスだったらと思えば、国の防疫体制の強化は絶対必要です。


安く、早く、正確に出来るというLAMP法による検査法はWHOの承認を受けることにより、普及が加速すれば、それは途上国の乳児死亡率を飛躍的に下げるでしょう。
しかし、時々ふと心配になるのが、この地球上にいったい何億人が生存出来るのだろかと言うことです。

まあ平九郎の生きている内は心配はしなくて良さそうですが、人類はそろそろこの問題を本気で考える必要がありそうです。
ただ投資家の立場からすれば、やはり人口が増えるに従い増え続けるマネーよりも、増えない貴金属を子孫に残したいと思っています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です