必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

狙いは次

良い処を買えたと思ったのも束の間、先週末買った日本通信が急落し、再び買った値段の799円を割り込んでしまいました。(TT)
まあ嘆いていても仕方がないのですが、下げた理由がNTTコムの発売した格安スマホによる価格競争懸念と言うのでは嘆きたくもなります。
なぜなら、価格競争による通信料の引き下げこそ、三田社長の言う日本通信の使命だからで、これは同社の決算説明会の動画を見れば直ぐわかるからです。
したがって、価格競争の始まりは同社にとって好材料にも拘らず株価が売られたため、嘆いている訳です。
以前も書きましたが、日本通信の格安スマホの相場は既に終わっています。
しかし、同社が狙っているのは、最初から『次』に控えているものなのです。(^O^)
総務省有識者会議報道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です