必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

要警戒

休み中イスラエル問題の拡大に加えて、マレーシア航空機墜落まで加わったにしては、米国株は堅調でひとまずホッとした週明け火曜日ですが、思い出していたのが、ホリエモンのライブドアショックの時です。
あの時ホリエモン逮捕の報が十分流れた後も、暫く相場は堅調で、「影響ない」と思ったものでしたが、その後時間を置いて急落して酷い目に合いました。
所謂ライムラグと言うやつですが、その昔メモにも書いたことがありますが、株式市場ではこのタイムラグを感じることがよくあり、まるで図体が大きいがゆえに反応の鈍い「恐竜」のようなのです。
身体の大きい恐竜はシッポを攻撃しても、神経を伝って痛みが脳に届くまで相当の時間が掛かったと言われますが、株式市場も恐竜に似たところがあります。
従って今しばらく警戒を続けるとしますが、反面裁定残や信用残の面からみると、今回下げても値幅は浅そうです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です