必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

正しく使って儲けよう

休み中の報道でNISAの枠が200万円に拡大することや、ジュニア版NISAの創設がほぼ確実になって来ました。
これで、NISAの重要性はより一層増す事になりますが、実際今回の日本通信売却での節税効果は投資元本を大幅に上回り、節税効果が1,971,407円となりました。
もしNISAが無かったら上記分だけ余計に税金を払うことになっていた訳で、マサシクNISAサマサマです。(笑)
NISAが始まって利用されるのが、知識もあり資金的余裕のある人達の配当利回りを重視する投資に苦々しく思っていたものですが、少なくとも「NINAは成長株で」と叫んでいた正しさを実証できたことでホッとしています。
国としてのNISA創設の目的は産業界へのリスク資産の供給と、国民の資産形成ですから、資金的に余裕のある人間が、これまた資金的に余裕のある大企業の株を買うなど明らかに間違っています。
リスク資産の供給で新たな産業、新たな企業を育てなければ、日本が再生されることありません。
その為にもNISAは正しく使いましょう、そしてそれが一番儲かるのです。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です