必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

気楽に行こう!!

自民・公明・民主等、共産党を除く与野党6党が本日『セキュリテイ基本法案』を議長提案として今国会に提出し、成立が確実視されています。 ^^

早くても次の国会だろうと思っていただけに少し驚いたのですが、サイバー被害の拡大に対策が急務の認識が広がったようです。
法案は関係各省にサイバー攻撃に関する情報を内閣に速やかに提出するよう義務付けるなどが主体となっていますが、これで「目に見えないから存在しない」等と言うことは無くなるわけで、ウイルスなどの対策に予算が付くようになるわけです。
そして面白いことに本日11日は同法案関連での本命と目する、ラックが付けた昨年12月に付けた818円高値の半年信用期日の応当日に当たり、最大の好材料であるセキュリテイ法案が成立するとほぼ同時に期日明けとなることです。^^
どうも先日からラックの出来高が急増していると思っていたのですが、これが材料だったようで、同法案成立後は信用期日明けもあって相場は軽くなりそうです。(^O^)


もっとも現状では人気が付いたとしても、実現益が伴いませんので相場は不安定になりがちでしょうし、現実の利益は法案による情報収集が終わり、各省に予算がつく来年からになりそうですから、焦らず見て行こうと思っています。
まあ気ラックにいきましょう。(^O^)
オイ!(ー_ー)!!
null
図2 インターネットバンキングに係る不正送金事犯の月別発生件数(平成23~25年)。出所:警察庁「平成25年中のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です