必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日経レバレッジETF

欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利を打ち出し、NY株式市場も高いとあって東京も堅調に始まりますが、週末だけあって引け際の利食い売りには注意を払う必要はあります。^^
しかし最大人気株とも言えるソフトバンクが昨日ロボット販売にのり出すと発表し、スプリント買収問題まで片付きそうなニュースまで入っていますから、個人投資家の意気が上がり、銘柄を変えながらも人気株の物色が続きそうです。
だた最近一つ変わってきたのは出来高上位に日経レバレッジETF(1570)が入ってきていることですが、これは日経平均の約2倍の動きをするETFで、要は先物を使って平均株価の2倍の動きを追求する上場投信です。
騰がる時も下がる時も2倍なら、投資資金は通常半分で良いわけですから最近ではFXをメーンにしていた個人投資家からの資金シフトも見られる(日経)といいますが、注意すべきは2倍動くのは飽く迄短期的にです。
これは資金移動に伴い先物を利用する際に出る、取引コストなどが長期的利回りを押し下げるからで、長期的には平均株価が2倍になってもレバレッジFTFは2倍にはなりません。(笑)
レバレッジETFは飽く迄『短期運用商品』と割り切りましょう。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です