必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日本通信が上抜け?

昨日大引けではダレたものの日本通信が一時530円の年初来高値を付ける局面がありました。
ここしばらくは揉みあい商状だっただけに上放れるかとも思ったのですが、出来高の少なさからもう一度下押す可能性を考え、買うのを見送ったところ、結局終わりは476円と大きく下げ、跳び付き買いしなかったことに安堵しました。(^O^)
日本通信は今では人気株ですが、僅か半年前には株価は現在の10分の1程度の超不人気株だっただけに、隔世の感がありますが、実はここまでの人気の根源であった、格安SIMのベンダーとしての相場は既に終わっていると思っています。
では昨日新高値を付けたのはどんな理由かと言えば、SIMの普及と認知度の向上で、以前から日本通信の三田社長の唱えるFMCフォンや、無線ATMなどのMVNOを利用した新サービスの展開が可能になったことで、それへの期待が広がり始めているのです。
今回は出来高面が不足しているので、見送りましたが、出来高を伴った新値なら揉み放れ後の相場は結構大きそうです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です