必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

カード情報は公開情報?

最近ネットバンキング以外でカードの不正使用も増えている理由に、どうも3Dプリンターが利用されているのがあるようです。
これは、ATMのカード挿入口などに3Dプリンターで作った偽部品を取り付け、情報を読み取ると言ったものですが、この偽部品の作成に3Dプリンターが使われているようです。
実際に取り付けられた物を見てみても偽と判別できる人は極めて少なそうで、多分自分でも気がつかないでしょう。
これは犯罪組織が中国で量産体制を整え、販売中らしいので、これからも被害が広がることは確実です。


またJRのスイカ、トイカ等の非接触型カードには、非接触型スキミングがあり、接触型のクレジットカードなどには、クレジット会社に情報を送る電話線の盗聴と言う方法があるそうですから、こうなるともう完全にお手上げです。
まあカード情報など公開情報と同じだと言うことでしょうが、怖いのが今は振り込め詐欺などをやっている半ぐれや、暴力団などが大挙して不正送金などに移動することですが、恐らく既に始まっているのでしょう。
不正送金をメモで書き始めたころは、自分では過剰反応かなとも考えたものですが、現実を知れば知るほど、まだ甘いかもと思うようになりました。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です