必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

セキュリテイ部門は大幅増益

昨日フォーカスシステムズというシステム会社が好決算を発表しましたが、今期の予想がほぼ横ばいなので、割安感があっても株価はあまり騰がっていません。
ただこの会社システム開発以外に、セキュリテイ関連も売り上げの5%程度は扱っているため、セキュリテイ専業企業の決算の予測には役立ちます。
そこでセキュリテイ関連部門の前期成績を見てみると(短信2p下)
売上高は1,037百万円(前年同期比78.7%増)となりました。セグメント利益(営業利益)は283百万円(前年同期比345.6%増)となりました。
とありますから、やはりセキュリティー関連企業は期待できます。(^O^)
不正送金被害が拡大を始めたのが昨年暮れあたりからで、銀行各社が一斉にセキュリティーを強化したのが今年3月頃からですから、今回の事態がセキュリティー企業の前期売上にさほど貢献しているとは思えないのに上記成績で、今期はマルマル1年恩恵を受けます。
ただ一社だけではたまたま大きな案件が出ただけかもしれないので、12月決算で昨日第一四半期を発表したネットワークバリューを見ると、こちらも売り上げが25%伸び半期赤字予想が黒字と予想を大幅に上回る好決算です。
セキュリテイ専業企業の今期増益率は凄いことになりそうです。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です