必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

情報は金融機関からも漏れている!

友人からのメールが来ていたのに気がつくのが遅れましたが、4月28日の日に、カード会社から海外で高額の買い物をしたかの問い合わせが有ったそうです。
友人は賢明なことに一旦電話を切きったあと、カード会社の電話して問い合わせた本人が実在することを確認してから話を進めたそうですが、全く身に覚えのない海外での買い物で、当然知らないと答えたと言います。
どうやら、カード情報もダダ漏れのようで、問題は使用者個人ではなく、金融機関そのものから情報が流出しているらしいことです。
まあ今までも、金融機関の内部者による犯行などで、情報や資金が抜かれることは多々有りましたが、その場合は足が着きやすく、犯人も特定しやすかったので、金融界全体での問題にはなりませんでしたが、今回は日本の金融界のみならず世界的な問題です。
もう一度書きますが、銀行から貴方の資金が不正送金で無くなり、銀行に訴えても、それは銀行にとって事件ではありません。
あくまで貴方の問題で、銀行からの情報流出を貴方が証明するか、犯人が捕まり犯行を自供しない限り一円も戻ってこない可能性が強いです。(>_<) 貴方は犯人を捕まえ、情報流出が銀行からのものだと証明できますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です