必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

安全は全てに優先する

ウェブサイト運営者の方へ – OpenSSL 脆弱性対策のお願い

既に、当該脆弱性を悪用できる攻撃コードが公開されており、その攻撃コードを用いたと思われる通信も観測されているとの情報があるため、至急、対策を実施して下さい。

上記は「独立行政法人― 情報処理推進機構」の4月15日時点での緊急連絡ですが、恐いのが、警察も確認したと言う、『攻撃コードがネット上に公開された』の部分。
全能の神ゼウスの名を持つウイルスは世界中で増殖を始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です