必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

確認されていないは『無い』とは違う

三菱UFJニコスが、オープンSSLの脆弱性を狙った攻撃によるデータ流失を部分的ながらも認めました。
まあこれで、少しは安心できると言うもので、なぜなら金融機関が自社からのデータ流失を認めないうちは、預金がカラになっても、不正送金されたことを自分が証明しなければならないからです。
パスワードを使い不正送金された、お金を自分と無関係と証明することは、かなり難しいです。
不正送金で預金がカラになっても、それを貴方が証明しない限り、銀行にとっては事件にもなりません。
貴方は預金がカラになった時、自分は関係ないと証明できますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です