必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

パスワードを変えろ!

昨日のNY市場が146ドル高と反発したことから、今日の東京も反発が期待できますが、昨日売り残した瓜ならぬ株を全て売却しました。
まあ年初にNISAで買った日本通信だけは一旦売ると、非課税で無くなるため、残しましたが、その他の株は全て売り切りました。
理由としては先日書いた米国の新資本規制が投機資金の源泉を断つ可能性と、超高速売買への規制懸念、ウクライナ情勢悪化、ナスダック経営者達の自社株売却などが米国市場の暴落を引き起こす可能性を感じているからですが、実はもう一つあります。
お気づきの人も多いでしょうが、1週間ほど前から、様々な金融機関が口座上や、メールで一斉にパスワードの変更を求めてきていますが、面倒なので無視していました。
代表的なのが日本代表と言っても良い東京三菱UFJのサイトで、サイトの警告表示は異常とも言える水準で、不正送金被害の拡大を示しています。


実は昨日新しいパソコンのGoogleで同社を検索し、同社サイトにアクセスしたところ、パスワードの入力段階での手順に違和感を感じ、パスワードの入力を止めました。
その後、別のPCの、お気に入りにあるアドレスで同社HPを表示させたところ、全く違いがないのですが、一か所阿部寛や、石原さとみが入れ替わる写真の部分が、全く違っていて、まるで別のサイトです。
入れ替わる写真自体は同じなのですが、入れ替わるタイミングが全く違っており、偽サイトにアクセスしたようで激しく悪寒が走り、古いPCのお気に入りに昔登録したアドレスをコピーして、今日再表示すると、入れ替えにカンマ数秒程度のズレは生じるもののパソコンの性能差の範囲と理解できます。
正直あれが、偽サイトであったか確信はありませんが、金融機関はパスワードの変更を強力に促すことで、自社の責任を軽減できます。
ある日、口座を見たら1円も残っていない等は他人事だと思っていましたが、恐怖体験をした後、急いで全てのパスワードを変更しました。
日本中がパニックに陥っても不思議ではないだけに、金融機関のパスワードを変えろの警告は無視すべきではありません。(>_<) PS.ウイルス対策ソフトは導入済みですが、購入後一時効果が切れた時間がありました。

2 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。
ぼくも、三菱東京からしつこくメールきたので、1か月くらい前に、ウィルス対策ソフトをノートンに加えて追加しました。Trusteer Rapportといいまして、三菱東京のホームページの下のほうにあります。これは、無料ですよ。

返信する
heikurou

元気小僧さん
偽サイトと思しきサイトを見た後、既に導入済みですが、法人にも被害が広がっているようです。
怖いので使っていないツイッタ―の個人情報も削除しました。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です