必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

スターを探せ

昨日の日経平均は80円安く、出来高も1.7兆円台と3ヶ月ぶりの低水準でしたが、そんな中で昨年5月の高値を静かに抜いてきた株がありました。
メモでも何度も書いているNTTデータですが、日経新聞の株式欄を見ても同社のことが1行も出ていないなど、投資家の注目度はまだ極めて低いです。
反面現在でも大スターであるソフトバンクは依然大商いを続け、昨日も売買代金では圧倒的に他を引き離しトップの座を譲りませんが、最近出てくる材料は厳しいものばかりです。
昨日のMVNOとの接続記事もそうですが、LINEの激安電話参入も携帯各社にとっては通話料の減少をもたらすため、良い記事とは言えません。


ソフトバンクはLINEの買収の話で一時買われはしたのですが、自らの収入を減らす会社を1兆円以上で買収するのでは割が合わないでしょう。(笑)
まあ依然ソフトバンクは大スターですし、将来も注目を集め続けることは間違いなさそうですが、相場的にはやはり疲れがみえますから、少なくとも暫くはお休みだと思っています。
反面次の主役と目されるNTTデータなどは、育ちも良く投資家の受けも良さそうなのですが、ソフトバンクの持つような猥雑さや、ワクワク感には欠けますから、相場の主役にはなれても大スターにはなれそうもありません。(笑)
個人的には日本通信に次のスターの座を期待していますが、なにしろまだポッと出のアイドルの域を出ていないだけに、注目度が劣る新人でしかありません。
まあ暫くは秋葉原のAKBファンのように、ジジイが声援を送るとします。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です