必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

上場廃止近し?

休み中のNY株価が192ドル高となったことを受け、今日の東京は大きく買われてスタートのとなります。^^
ただこれで日経平均が上昇基調を取り戻せるかと言えば結構懐疑的で、やはり今日の戻しが終れば、個別物色の動きが強まると思っています。
むろん大幅な円安にでもなればまた違いますが、現状では輸出企業の業績の上昇は全て織り込み済みで105円までの円安では平均株価が上値を抜けてくる力は無いでしょうし、日銀の追加緩和も当面期待できません。
さてそんな中、今日は一寸毛色が変わった話になりますが、流行語となった『何時やるの!今でしょ!』の林先生で有名な東進ハイスクールを経営する、ナガセという会社に10年程前から興味を持っていました。
理由は、同社の売り上げに比例して費用が増えない経営形態が気に入っていたのと、最近ではゆとり教育が終わり、同社の利益が開花期に向かっていると判断していたからですが、実際最近発表第3四半期の決算は非常に良かったです。


ただこの会社最近どうも様子がおかしくホームページからでは、財務省表にや決算短信にへアクセスでき無い様になってしまい、しかも最近自社株買いを終了したばかりです。
そこでふと思ったのが、通常のMBO(マネジメントバイアウト)とは違うかもしれませんが、同社はどうやら上場廃止を考えて居るのではないでしょうか?
これは同社の株主総会に出たことがあるので分かるのですが、教育への熱意と共に他の株主の経営介入を許さない強烈な意志を持つ永瀬社長は「やれ増配しろ・優待を付けろ』等の株主のつまらん意見を聞く気は全くありません。(笑)
しかし上場している以上、経営状態はオープンにし、株主の意見を聞く必要もありますが、人材集めにも、金集めにも困らないとなれば、上場の意味は薄れます。
永瀬社長の気性を考えると、同社が近く上場廃止となる可能性が相当高いと思っています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です