必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

避けるべき会社?

NY市場の急落から、今日の東京は大きく売られることが約束された状態ですが、目途としてはやはり15000円割れが焦点になります。
15000円を割れれば、先物によるプットオプションのヘッジ売りも一巡しますから、裁定解消売りも止まり、値ごろ感も出て来て反発も始まりそうですが、問題は何時でも「どこまで戻る?」かでしょう。(笑)
残念ながら一番弱いコースの3分の1戻り程度を考えており、理由としてはチャートが大きく崩れ、戻りにシコリを作ってしまったなかで、政策的な支援は出そうもないからです。
代表的なのが昨日の売買代金トップのソフトバンクでしょうが、先日も書いたようにソフトバンクは大型買収を行ったばかりの会社ですが、総務省が出したMVNO支援の方針は、同社の利益を急速に悪化させる可能性が強まっています。


しかも平九郎のようなデジタル弱者にもお父さんくじのような、強引な通信費の底上げがバレてくると、顧客離れを起こしやすくなります。
実際17年来のユーザーである平九郎もキャリアの乗り換えを検討しはじめましたし、乗換えないまでも今後同社への支払いは大幅に減らす方向にあります。
巨額買収で急速に増えた借り入れは同社の格付けを引き下げ、金利コストは上昇方向ですし、国内で顧客離れと同時に、MVNOによる利益率の低下が起これば、それこそ「倒産くじ」になりかねません。
日経平均の戻りは有ると思っていますが、売買代金トップの上記の会社は買いの投資対象からは外すべきだと思っています。(^_^)

5 Comments

yummy

こんにちは
先日ソフトバンクの腹いせで買ったフリービットが
この激しい下げの中で健闘しています。
平九郎さんが私の怒りに火をつけたおかげです。
ありがとうございます。

返信する
heikurou

yummyさん
こちらもNISA口座で買った日本通信がこの急落の中でストップ高をしたので結構ご機嫌です。(^O^)
平九郎

返信する
PBY元気小僧

こんばんは。
中国理財商品問題、決着しました。
これで、ソロスの言ったとうり、5年前のファニーメイやフレディーマックと同じように、政府保証がついたと錯覚され、さらにバイアスが強化されそうです。が、ソロスによれば、
もって2年とか。
2年間、株価のほうもバブッてほしいもんです。

返信する
PBY元気小僧

たびたび、すんません。
2年といえば、このままアメリカが順調に回復したら引き締めに転換するであろう時期に重なります。
過去アメリカの引き締め時に大きな危機がおとずれてます。ひとつまえのアジア通貨危機、そのまえのアルゼンチン。
けっして、けっして、ぼくはSではありませんが、ワクワクしてきました。

返信する
heikurou

元気小僧さん
理財商品情報ありがとうございます。<m(__)m>
>けっして、けっして、ぼくはSではありませんが、ワクワクしてきました。
Mなんじゃないですか?(^O^)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です