必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お倒産くじ?

昨日ソフトバンクの不透明な料金体制の事を書いたら、同意のコメントが寄せられ、ユーザーの不満の高まりを感じています。
これは「悪行の報いがある」と思っていたら、昨日の株価は3.4%下げ、今日も中国の景気指数の悪化に発した海外株安と円高を反映して、急落が確実な情勢です。(笑)
単なる先物売りの影響かもしれませんが、最近急に存在感が増してきたSIMの普及が、携帯キャリアの収益を悪化させる可能性を市場が感じ始めた気がしています。
『お父さんくじ』のようなユーザーが知らないうちに料金が発生するような仕組みは一旦知られると不信感が蔓延し、ユーザーが乗り換えを促進する可能性もありますから、同社も新料金制度を打ち出すなど顧客の引き留めに躍起です。
しかし、どう考えても上記新サービスのように月1000回も電話する人は多くないでしょうから、割高感は消えません。
まあ昨年巨大買収を行ったばかりのソフトバンクは、ここで急速に本体の収益が悪化すれば、お父さんくじが「お倒産くじ」になりかねないので、同社なりに必死なのでしょう。


しかもソフトバンクは、規制緩和で大きくなってきた会社ですが、ドコモが解放している通信網を未だに開放していません。
日本通信が昨年3月ソフトバンクとAUに申し入れた相互接続の返事が未だにないというのは、可笑しな話なのです。
民主党政権に近かった孫氏が自民党の評判が良いとは思えませんし、政治的にも家計の重要支出項目になった通信費の引き下げは、消費増税時の痛みを和らげる効果がありますから、政治も向かい風です。
まあ料金体系自体は他のキャリアも同じようなものなので、ソフトバンクだけを責めるのは間違いでしょうが、料金体系はもっと簡潔に願いたいものです。
消費税の引き上げ分は通信費の引き下げで賄う!!
上記を目標にもう少し勉強します。(^O^)
PS.先日配信停止したはずのお父さんくじが今日また来ました。何かの間違いがあったかもしれないと、もう一度配信停止をしましたが、この手続きにも通信費がかかります。(ー_ー)!!

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。終わりの始まりなんでしょうか?
理財商品のデフォルトになっても、中国工商銀行、投資家に対して損失補てんを拒否。
もともと帳簿に載ってないので日本でいえば飛ばし、アメリカでいえば5年前の説明無しの金融商品。中国全体で500兆なんで当然、拒否しますよ。
中国は寿命の先延ばしを図るでしょうが、下手に転んだら影響は全世界のマーケットの及ぶでしょう。
ミャンマー関連を狙ってたのですが、年初からタイ、シンガポールが下げではじまりました。昨年末全売りして、香港ドルと円を抱えたまま休んでます。

返信する
heikurou

元気小僧さん
なるほど、中国の製造業指数が予想を下回ったことだけで、こんなに影響を受けるのは可笑しいと思っていたら、中国工商銀行の損失補てん拒否があったのですね。
貴重な情報ありがとう御座います。<m(__)m>
日本も暫くは大変かもしれません。
ただ昔、小松左京の小説に「日本沈没」というのが有りましたが、今回は同小説のパロディ版であり、平九郎のメインシナリオ
「日本以外全部沈没」になると思っています。(笑)
http://ja.wikipedia.org/wik
これで、日本は『世界の機関車として動くべき』の意見が高まり、アベノミクスの七難を隠し、黒田氏が追加緩和に動けるかもしれません。(^O^)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です