必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

株もハイブリット?

昨日の東京市場は新値を取る銘柄が続出し、今年初めての新春らしい相場となり、新高値をガンガン買ってパホーマンスを追求する局面となりました。^^
まあ揉みあいが続いた後の新高値は一番値動きが良くなる場面ですから、それも当然で、後はどこまで持続できるかで勝負は決まります。
もっとも我慢できずに高値を買い、売りそこなって大損を抱えるのもこんな局面ですから、損切が出来ない投資家はバリュー投資を守り手を出さない方が賢明です。
ただ投資をゲーム的に捉えるなら、新高値を買っていく方が遥かにエキサイティングで、面白いですからゲームと割り切ってやるなら断然新高値株です。
もっとも損切が出来る人間でも「今回だけは」とか「この株だけは」等と切り遅れることはありますから、最初に決めた損切ルールを守ることと、切るのに苦労するような過度な集中をしない事が大切です。


個人投資家にとって最大の敵は、金融引き締めでも、金利上昇でもなく、それは「自分自身」です。
自分で決めたルールを簡単に破ることが出来るのは自分だけだからです。
国の憲法でさえ変えようと言う動きが出る中、自分の決めたルールに縛られ過ぎるのもどうかと思いますが、簡単に変えるようでは、直ぐまた変えてしまいそうです。(笑)
しかし、事実として言えば
「上がり続ける株は常に新高値ですし、下がり続ける株は常に株価は底値にあります。」
バリューと成長株投資、じっくり長期と新値買いを同時に行う、こんなハイブリット投資もアリかもしれませんね。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です