必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

取らぬ狸の皮算用

昨日の東京株式市場は5日連続高となり、一時は6年ぶりの16000円台に乗せるなど、好調が続いています。^^
また昨夜のNY市場も強く、為替も104円台で安定していることもあり、今日も堅調を維持できそうですが、年内最終取引と言うことを考えれば急伸とは行きそうもなく、今日は揉みあう場面が想定されます。
しかし、株式市場の準備資金とも言えるマネー・リザーブ・ファンド(MRF)の残高は足元10兆円を超えているようで、来年度に向けた期待も高まっていますから、年内16000円に乗せて引ける可能性は高く、大納会に向けて『掉尾の一振』も十分期待できます。
さて相場は過熱感が指摘されるほど暖かいのですが、反面気温は下がり続け、今朝起きた時の自室の室温は12度とこの冬の最低気温を記録しました。


寒くなると流行るインフルエンザの流行も始まり、少し憂鬱にもなりますが、それでも今年は投資家にとっては良い年だったと言えます。
むろん年内受け渡しが今日で終わりと言っても、取引は30日まで続きますから、年内の相場が終わるわけではありませんが、税務署に申告する数字は今日までのものとなります。
今年は大儲けで申告して来年多額の税金を払う人もいますが、来年も今年と同額儲かれば再来年の税金は2倍増ですから、来年からはあらゆる領収書を大事にしましょう。(笑)
サラリーマンだから必要ないと思っていても、いつ必要になるか分かりません。
まあこれは「取らぬ狸の皮算用」と言うものですが、来年も狸が取れる可能性は高いと思っています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です