必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

貸本屋が気に入った!!(^O^)

昨日の昼頃四季報が届き、早速持ち株をチェックして、必要と思われる売り買いを済ました後、大幅増額修正の銘柄のチェックをしたのですが、その中でどうしても買いたくなってネット書籍販売・レンタルのパピレスを買いました。
この銘柄9月に増額修正をして大幅に上昇した後、約3割の調整を入れているところなのですが、無借金・半期経常利益が77%増益で、再増額が期待できるなら現在の83億の時価総額は安いと感じたのです。
パピレスはネットでの書籍販売が主の会社となっていますが、儲かっているのはどうもコミック本のレンタルと販売のようです。
レンタルは1口105円のチケット制を取り、まずは電子サンプルの無料立ち読みと、チケット一枚で読めるコミックを読ませ、人気の高いコミックはもっと高いチケットか48時間レンタルさせます。
そして気に入ったら、追加チケットで無期限レンタル、もしくはリアル紙コミックの購入と進ませているようなのです。


無期限レンタルの値段は本屋でリアル紙本を買うのと変わりませんから、著作権者に不利益になるとも思えず、むしろ不便な地方都市の住民でも簡単に購入出来ることを考えたら、作者にとっても印税面で有利でしょう。
しかもコミックの中には白黒本をカラー化することで、5割近いプレミアム販売をしている例もありますし、また素人が自分の作品をを投稿して販売まで可能とするコーナーもあります。
あと決め手になったのは、Googleで貸本・・レンタ・コミック等をググって見たところ、圧倒的にパピルスが出てくることで、業界ナンバーワンはどうやら本当です。
年末から長い正月連休になりますが、パピレスのシステムは、正月でお年玉をもらった子供や、暇を持てあました人間の利用も考えられるだけに、休み中も最大限に稼いでくれそうです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です