必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

もうすぐクリスマス?

昨日の日経平均も230円安となり、2日で570円の下げとなった東京市場ですが、今日も円高が進んでいることと海外安が重なり、売りからのスタートとなりそうです。
さて11月は税率上昇を嫌った個人投資家の売りが過去最大の2兆円越えとなったようで、しかも来年に買わなければNISAが使えないとあって、口座に眠ったままになっています。
まあ2兆円以上のカネが証券市場から出て行ったままですから、裁定解消売りが出れば、急落するのも仕方のないところですが、これは大部分来年戻ってきますし、新規のNISA資金も入ります。
そんな中、日本時間今夜発表される米雇用統計に注目が集まっていますが、これが20万人を大きく超えるような伸びを示せば、17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融緩和第3弾(QE3)の縮小が決まる可能性が出ています。


もっとも米国で金融緩和縮小が決まれば、米金利は上昇しますから円安要因で、日本株に直接悪材料と言う訳でもないでしょうし、やるとしても緩和の縮小であって、引き締めではありませんから、影響を見定めるのは難しいです。
従って、あれこれ考えても仕方がないので、単純に利益の伸びている株に絞っての投資を考えていますが、それでも上記結論の出るFOMCが終るのが18日となれば、その後は直ぐクリスマス休暇入りですから、年内の個人投資家は終了感が出始めました。
しかしヘッジファンドなどは別で、QE3縮小への見定めが付けば、NISA資金の流入を睨んで相当積極的な動きになりそうで、年内集めた株を来年のNISAの買いにぶつけて売って来そうです。(^O^)

2 Comments

ひろ

以前コメントした者です。
平九郎さんは、スマートフォン等ゲーム会社に興味はありませんか。例えばガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)など

返信する
heikurou

ひろさん
昔任天堂で結構儲かったことはありますが、最近は良く分からないのであまり触りません。
良く知らない銘柄が多い為、他のひとに比べ比較劣位にあるので、勝てる気がしないのです。(ー_ー)!!
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です