必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

NISA資金の向かう先

水素関連の話が続きましたが、自分でも全く買っていないのでは話が続かないので、本命視する千代田化工を週末打診買いしてみました。^^
しかし、千代田化工にしても、現状では水素関連投資が収益に結びついている訳ではないので、評価したのは飽くまで将来的収益で「夢」の部分です。
これをもう少し詳しく言えば、来年から始まるNISA用投信で金融機関などの株式投信の販売側が「夢」を売りやすいのは水素関連だろうと言うことです。
水素関連の顧客に販売するにあたっての問題点は、収益化には程遠く、しかも現実に物を見せるという視覚的な説明が難しかったことでしたが、今回トヨタが発表するという燃料電池自動車や、千代田化工の水素発電所のデモプラント等は投信のパンフに乗せるには格好です。
しかも、千代化の商用燃料電池発電所の建設は世界初の上、発電エネルギーという国民の関心の高い話だけに、金融機関としても販売対象が広がります。


しかもNISAは産業界にリスクを負える資金を供給するのが目的の仕組みでもありますから、投信でリスク分散した上で、個人の長期資金が流れるようにするのは理想的です。
もっとも夢だけで実績が伴わなければ、株は買い難いものですが、その点海外比率の高い千代化工は円安で潤い始ている上、シェールガス革命で、プラント需給がタイトになっている為、事業環境も収益見通しも改善しています。
また、個別投資でのNISA用としてネックになっていたのが、120万円余りの最低売買単価の高さですが、同社が6月に出した「投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について」を読むと、どうも今年中に売買単価が引き下げる方向だと感じます。
「世界初の水素発電所」は投信の販売サイドにとって売りやすく、扱い易いテーマなのです。(^O^)

2 Comments

どもども

第一商品が下方修正で下げましたね。
フェイスもダメですし、平九郎さんは大丈夫でしょうか。。

返信する
heikurou

どもどもさん
ご心配頂ましてありがとうございます。(^O^)
今年は前半の貯金があるので、まだ結構元気ですよ。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です