必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

桐一葉落ちて天下の秋を知る。

燃料電池自動車の実用化が近づいたのは事実ですが、実用性だけでは現在のガソリン車でも十分ですし、普及するには人々が乗りたいという気持ちになることが重要で、それには車のスタイルが大きく影響します。
トヨタが唐草模様のカムフラージュを付けて走らせた、今回の燃料電池車は、今までのSUVタイプと違い、セダン型でどうやら高級車のレクサスを母体にしているようです。
だとすると少し驚きなのですが、なぜならハイブリット車の草分けであったプリウスは価格だけが高級車で、スタイルは決して高級車ではなかったからです。(笑)
しかし、考えれ見れば、当初普及させるにあたって、問題点が燃料の補給ポイントの少なさであることは明白ですから、公用車のようにドライバーが付いて、行先も事前に分かる様な使い方をする高級車のほうが向いています。


また大企業のお偉いさんが乗る社用車も同じような使い方ですから、此方も価格さえ妥当なら、燃料電池車を社用車にするのは抵抗はないでしょう。
だとすれば、国家としての後押しがあれば、当社から結構な台数も見込めますし、踏み台が上がれば、水素ステーションの建設にも弾みが付きます。
燃料電池車の開発は当初GMが先行していたと言いますが、同社の経営危機により、大量の技術者が韓国に流れたという話があり、韓国も普及の目途がたてば、国家を挙げて推進してきそうですから、この勝負、負けられません。
古来より「桐一葉落ちて天下の秋を知る」というのがあり、少しの変化から世の移り変わりの兆しを読み取る事の喩えとして使われます。
ただ実際桐の葉を見るとかなり大きなもので、平九郎は
「こんな大きな葉が落ちなければ秋が分からない鈍い奴」
の意味だと思っていました。(笑)
燃料電池自動車の発売は水素社会到来に向けた「落ちる桐の葉」かもしれません。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です